フケ対策。スキンヘッド筆者が考える・・

スキンヘッドにしてから何度か言われたこのセリフ。

「フケが出なくていいですね〜」

こんなセリフ・・・実際にはフケは新陳代謝をしている限り出ているのだが、しかしそこで

「いや、出る!フケいっぱい出る!フケまみれ!!」

なんて不衛生な奴!なんて思われる返答はしない。

いつも

「そうなんですよー」

と適当に返答している。

さて、そんな話はいいとして、フケ対策にスキンヘッドは良いのか悪いのかをちょっと考えてみよう。

スキンヘッドでのフケ対策有効か??

結論から言ってしまえばかなり有効だ。

ただし、失うもの(髪)も大きいが・・・。

で、一番の効果は何か?

それは、フケが目立ってしまう原因の一つに毛髪の間に溜まってしまうというの事がある。

で、お察しの通りスキンヘッドにはフケをとどまらせる髪の毛は無いのだから目立つことはない。

その点では非常に有効。

スポンサーリンク

フケの2つの原因

フケの原因には大きく分けて2つ

  1. 毛穴から出てくる脂漏が原因のモノ
  2. 角質(頭皮)が乾燥が原因のもの

脂漏性のフケはベタつきがあり、角質のフケはサラサラ

まぁどちらにしても衛生的なモノではない。

で、スキンヘッドの対策としては脂漏性には根本からは効果あり。

(ただしスキンヘッド成り立ては髪の毛の保護がなくなった影響なのか妙にべとつきやすい時もあった。)

なにせどんな髪型よりも、脂漏性のフケに関しては効果があると体験的に思う。

それは髪の無い分洗いやすい(拭き取りやすい)し、保湿等の手入れもしやすい。

しかし、そのメリットとスキンヘッドにしてしまう事を天秤にかけた場合私は簡単にスキンヘッドにはするべきではないと思うのが本音である。

なにもスキンヘッドにせずともフケの対策は十分に出来る。

フケを減らす為に出来る事

フケに関する情報は、ネットを探ればワンサカ溢れんばかりに出てくると思う。

お悩み系はなにかと懇切丁寧に解決策を教えてくれのがネット界。

で、最終的に妙にナチュラルなシャンプーの購入を進められのがオチである。

まぁ、シャンプーは低刺激を選ぶ事は良い事なのだが・・・

実は私もスキンヘッドにするまではフケに悩んでいた一人。

特に困ったのは10代後半から30歳になる頃だろうか。(現在はアラフォー)

とにかく新陳代謝の激しい若い頃にはしょうがない事だったのだと思う。

で、20代中頃に毛髪も薄くない頃にスキンヘッドにした事がある。

それはフケ対策のために。

効果はあったか?といわれれば目立ちはしないが皮脂は出たし、角質のサイクルもあったが目立たなかったというのが答えだと思う。

で、対策は

スキンヘッドにして何年とたつがフケで悩む事は現在はない。

もちろん(スキンヘッドなりに)シャンプーにも気を付けているし、なんと言っても食事生活が変わった事もあると思う。

つまり、毛のない私の経験から出来る対策として出来ることは

  1. シャンプーはもちろん低刺激のモノ(石油系・ラウレス硫酸ナトリウムは使用しない)
  2. しっかりとしたシャンプーの洗い流し
  3. 保湿(スキンヘッドにしてコレを意識してから頭皮の調子は非常に良い)
  4. 食生活、私の場合は加齢により食事の好みも量も減った。(和食が増えた)
  5. 規則正しい生活リズム

とりあえず、毛のある人でも、この5つの事を試してみてからスキンヘッドにしてみてはどうだろうか?

いわゆる頭皮に直接関係してそうなのは1番〜3番だけだが、4番5番に気になる事がある場合は先ずはそちらを重点的に取り組んでみるのが良いと思う。

まとめ

フケの悩みは辛いもの。

特にスーツ着用者などの方に大量についているのを見ると思わずゾッとしてしまう。

スキンヘッドにしてから、とんとフケに悩まされる事は無くなったのだが、それは髪の手入れの意識が頭皮へと移行した結果だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする