コンバースのオールスター。CONVERSEJAPAN社とCONVERSE社ってなんだよ・・・

コンバースのイメージは老若男女問わず履けるスニーカー。

ほとんどの人が人生の何処かで履いたことがあるのではなかろうか??

しかし、そんなコンバースはやたらの権利関係がゴタゴタしている。

日本社製とアメリカ社製が存在しているのだ。

で、マニアが欲しがるのはやっぱりアメリカ製。

私の友人にも、そんなマニアが一人居て、座敷タイプの料理屋で他の客の脱いだコンバースを手にとってチェックしようとするので困ったものだった。

今日書くのは記事はそんな友人の受け売りみたいなモノである・・

簡単に現在のコンバース社について

何でも権利関係で揉めてしまい、本来のCONVERSE社は経営難により倒産してしまったようだ。

で、再建するにあたり出資したのが日本の伊藤忠、さらに商標権を得た伊藤忠は傘下の会社としてコンバースジャパンを設立したそうな。

つまり私達が普通に接するコンバースのALL STARはほとんどこのコンバースジャパンという事になる。

一方、アメリカでは新会社として発足した新コンバース社、こちらはナイキが買収をしてナイキの参加となる。

その買収後に伊藤忠は株式を譲渡して、伊藤忠のコンバースジャパン社は本流のコンバース社とは別会社として残る事になる。

つまり、私達が普段目にしているコンバースは日本独自のコンバースという訳である。

日本独自って言いすぎかな?とも思うが、コンバースジャパンはその後に本流?であるアメリカのコンバース社製品の日本への輸入差し押さえを訴訟を起こす。

裁判の結果は日本のコンバースの訴えが受け入れられアメリカのコンバース社の輸入はストップされたという訳である。

つまり、日本のコンバースは、世界でみると少数派の(ガラパゴス)コンバース。

と、なるとマニア?やはり欲しくなるのは本場アメリカ社製という訳だ。

話は逸れるがよく似た事はフレッドペリーにもあった。

本流フレッドペリーと、フレッドペリージャパンとのゴタゴタがあったのだ。

スポンサーリンク

アメリカ製はどこが違う

画像がなくて申し訳ないのだが、現行の商品の場合はヒールパッチのロゴを見るのが一番分かりやすい。

アメリカ製は、CONVERSE ALL★STARと表記があり、日本社製のモノはALL★STARのみ。

こちらが海外で流通してるモノ

ただし、日本でアメリカ製は偽物も流通しているそうなので、それだけで判断してしまうと偽物を掴まされる事もあるようだ。

さらにビンテージ商品も加えると何がなんだかわからなくなってしまう。

このあたりは好きでないとなかなか詳しくなれない・・

別にCONVERSE JAPANで良くないか??

ちなみに、コンバースジャパンの物は現行品(2019年)はインドネシア製の物が多いようだ。

インソールのクッション性能が違うとの情報もあるが、個人的にインソールの性能云々言い出すなら、別に高性能のインソールを購入する方がよくないか?なんて考えてしまう。

少し、おもしろい話では、逆に海外からの旅行者がCONVERSEJAPANのアイテムを買って帰る事があるそうな。

たしかに、海外の人間にしたら逆にレアである。

日本にしか流通してないのだから。

もし海外へいく時に土産にするのもおもしろいのか?なんて考えてしまった・・。

という訳でこちらがCONVERSE JAPANのオールスター↓

まとめ

中途半端な知識で書いてしまうとマニアに怒られてしまいそうだが、CONVERSEは奥が深い。

少し調べたところによるとCONVERSEの輸入裁判の判決は2011年に下されたようだ。

まだ今なら自宅に眠っているCONVERSEの靴をチェックしたらアメリカ製のモノがあなたの元にも眠っているのかも・・・

ちなみにAMAZONでCONVERSEアメリカ社製のモノも最近は買えるようなので紹介しておく。

お値段は高くなると思うがこだわりの有る人はコチラもどうぞ!!

靴について書かれた記事一覧はコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする