脱ユニクロ!エアリズムに並ぶ履き心地のテスラのボクサーパンツ

男には勝負下着なんていらない・・・・

いや、いるのか??

私は最近まったく勝負なんてしてないからなんとも言えないが・・

さて、先日近所のスーパー銭湯に疲れを癒やしにいったのだが、脱衣所で驚愕するモノを見た。

それは巨大なペ◯ス・・ではなく、ユニクロのボクサーパンツのシェア率である。

これは国民服ならぬ国民下着の勢いではないか!?などと驚愕してしまった。

男の脱衣シーンなども興味がないのでしっかりした統計をとった訳ではないが、その場に限っては9割近くの男性諸君がユニクロのボクサーパンツだったと思う。

あとはワンパク相撲でもしてそうな小学生の低学年男子が白ブリーフでウロウロしているぐらいである。

というわけで、今回は気にするような事でもないがユニクロ被りの気恥ずかしさを避けたい人にはオススメできるパンツを紹介したい。

脱ユニクロならテスラのボクサーパンツ

ユニクロのはボクサーパンツはもちろん悪くない。

むしろ非常に良品のボクサーパンツだ。

妙にムスコが締めつけられるとか、頼んでもないのに仮性包茎を治す機能が装備されている(ビガーパンツってまだあるんだろうか・・)訳でもない。

品質良し!コスパ良し!履き心地良し!

と言えるアイテムだと思うがいかんせん普及しすぎである。

いまや、ネットでユニクロ以外のパンツも気軽に手に入る時代。

というわけで、私が使える履き心地だ!って思えたテスラのボクサーパンツを紹介していこう。

ちなみに私物の日常使用のパンツなので流石に画像はUPしていない。

TESLA(テスラ)ってこんなブランド

実は運動をする人達の間ではではちょっとだけ有名。

主にコスパの良いスポーツ系アパレルメーカーとしてアンダーウェアやロングタイツに靴下等と幅広く提供している。

公式サイトはコチラだが英語表記のかなりスポーティーな仕上がりなサイト。

まぁ日本語版が用意されていないので日本でのシェアはまだまだかもしれないが、なかなか格好いいサイトだ。

ちなみに電気自動車で有名なアメリカの車メーカーのテスラとは全く関係はないと思っていいだろう。

勝手なイメージだが、近いブランドイメージとしてはアンダーアーマー?とかの感じかな。

で、元々は高機能ラッシュガード制作技術を応用し2007年に立ち上げられたスポーツ系アパレルブランドで、スポーツを主戦場にしていたというだけ有って速乾性や防臭に優れたアイテムを作る事に長けている。

で、そのテスラの作るボクサーブリーフなのだが、これが非常に良いのである。

何よりも履き心地が良い

あくまで個人的な私感となるがかなり蒸れにくく履き心地がいい。

ユニクロのエアリズムには履き心地としてはかなり近いものがある。

それでもってエアリズムより安く変えるのでお財布に優しいので非常にありがたい。

素材は伸縮性が有る

その為、普段履いているパンツよりワンサイズ下のモノをメーカーも推奨している。

まぁ、それくらいフィット感は良いという事である。

で、パンツではあまり気になるポイントでもないが、かなりの軽量で薄手の生地である。

初めてAMAZONから届いた時は

軽!薄!何だコレ?」

とコンドームの様な感想を抱いてしまった。

あと、私の場合いつもエアリズムでは黒かグレーしか買っていなかったので気にはならないが、デザイン(柄)はユニクロの方が色々と豊富だと思う。

が、テスラのボクサーも割と色々なデザイン(柄)が用意されていて、どうにも欲しいデザインが無い!!なんて事は品切れを起こさない限りは大丈夫である。

足の丈の長さが選べるのが良い

非常に良いと思うポイントに足部分の長さが3種類用意されていることだ。

膝上くらいまでのモノも用意されていてコレが一度履くとなかなかやめられなくなる。

コレくらい足をカバーしてくれると夏場に汗をかくと太ももの部分が妙にパンツ(ズボンの方)に引っかかる様な感覚が起こらないのだ。

言うなればステテコ感覚なのだが、パンツ&ステテコよりも同じ効果がパンツ一枚で完結出来てしまうのである。

しかもかなりムレたりする事も無いので夏に履くパンツとして5月くらいからはフル活用している。

ちなみに足部分が長い事に抵抗のある人は普通スタイルのモノも売っているのでコチラがオススメだ。

また、中間の長さのモノもオススメである。

まとめ

現在、AMAZONでも売れ筋なようでリピーターが多いからか人気のカラーやサイズは品切れが起こってしまう。

まぁ価格も安いのでまとめ買いする御仁もいるのだろう。

あと、言い忘れていたが耐久性も問題無い。

薄いので破れたり、簡単に伸びたりしないか心配だったが一年経った今でも現役で有る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。