防水bluetoothスピーカー選びはAnkerSoundCoreSportが正解だった

風呂であれこれとする人って結構多い思う。

私もその一人で、運動不足気味の体にカツでも入れようと半身浴で滝汗かいてやろうとするのだが、30分ほどは湯船に使っている。

しかし問題は何よりも時間を持て余してしまう事。

疲れていたらボケーっとしているのも苦ではないのだが、汗を掻く前に退屈過ぎて風呂から上がってしまう事もしばしばあった。

で、ジップロックに入れたスマホを持ち込むのだがユーチューブの音は曇るし汗まみれの手での操作も何となく面倒くさくてやめてしまった。

次に試したのは風呂の横の脱衣所でユーチューブを流しっぱなしにしていたのだが、家族からの苦情でそれも断念。

で、たどり着いたのがブルートゥース防水スピーカーだった訳なのだが、あれこれ調べて購入したの3000円以下で買えるAnkerSoundCoreSportだ。

このAnkerSoundCoreSport調べていたとおり、やっぱり期待を裏切らない商品だったのでちょっとレビューをしてみよう。

AnkerSoundCoreSport!IPX基準クリアの防水防塵でオススメ!!

思えばスマホが普及してからというもの我が家には何かとAnkerの商品が増えている。

モバイルバッテリーはもちろん、充電商品関連、とAnkerまみれといっていい。

そして、Ankerを選ぶ理由の一番はなんといっても他の商品にはない安定感だ。

AMAZONでスマホ周りの商品を調べると色々とAnker商品は出てくるが、ついさらに安い中華商品をついポチりたくなるが(なんどかポチった・・)買ってみて失敗なんて事は往々にして有る。

今回は迷わずAnkerSoundCoreSportを最初から迷わず購入して本当に良かった。

ではちょっとレビューしてみよう。

スポンサーリンク

防水のIPX基準とは??

いきなりIPX基準クリア!!などと言われてもナンノコッチャ??となる人も多いと思う。

まず簡単な説明を抜粋すると

防水規格:IPX7 (※IPX7とは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されています)

AMAZONより抜粋

この基準を超える使い方って風呂場ではほとんどありえないだろう。

強いていえば風呂上がりに湯船に落としてそのままほったらかしに一晩つけたら壊れるかも??

しかし、風呂の水深1mもある人もそうはいないだろう!と思えば風呂場で何かに激しくぶつけるとかしない限り壊れる事はほぼ無いと考えていいだろう・・。

音量や再生可能時間・充電時間は??

音量はスマホの方を最大にしてスピーカーの音量を最大にすると風呂の中でははっきりいって爆音にちかい。

はっきり言って風呂場でその音量にすることは一般家庭ではありえないだろう。

そして再生可能時間は10時間。

ただし音量や再生する内容で多少の増減はあると思う。ちなみにバッテリーの残量はブルートゥースでつないだスマホから簡単にチェックできるので突然切れてしまうような事はほぼ無いと言っていい。

で、充電時間は2.5〜3時間くらいで完了する。

ただ、充電の少なさに気づいた時に30分ほど充電すれば一回分の風呂時間は使用できるし、充電しながらでも使えるので便利だ。

緊急の場合はモバイルバッテリーに接続して充電しながらでも使えるので屋外で使用する時はいいだろう。

Bluetoothのあれこれ

接続可能距離は10mとされている。

おそらくあいだの遮蔽物等の条件で変わってくるとおもうが浴室の扉の向こうにスマホが置いてあるくらいならなんの問題が発生した事はない(2mくらい?)。

あと、私は使う機会はないAUXで有線接続が可能で、Bluetooth未対応機器の場合も使うことは出来る。(AUXケーブル等は付属されていないしね)

ただいま充電中

大きさや重さについて、操作性は大変良い

大きさ8.5 x 8.5 x 4.5 cm/231gで手のひらの中に丁度収まると言った感じ。

重さに関してはある程度の音質を確保するのならこれくらいは当然だろうといった所か。

また形も起きやすく水に濡れても大丈夫とはいってもしっかり設置しておきたいので形の評価も良しとしたい。

操作性については個人的に風呂場でスピーカー単品でならばこれで十分。

細かい操作をしたい時はスマホでの操作となるが流しっぱなしの私にはなんら不便さない。

上から音量+、−、Bluetoothでの通話、電源の4ボタンのシンプル配置

ちなみにボタン部分は分厚く保護されていていかにも堅牢な雰囲気だ。

強いて言えば堅牢さ故に押した!って感じが少し弱いが全然普通に使えるレベルだ。

音質は??

これが案外と馬鹿に出来なかった。

小型スピーカーの多くは低音がいまいちなのだが、このAnkerSoundCoreSportしっかりと音割れせずに出してくる(音量次第かもしれないが風呂場の反響の中で聞いていると心地良い!!)。

すくなくとも他のスピーカーに比べると価格以上の音質だと思う。

屋外の仕様でも十分以上聞けるレベルの音質でアウトドアやキャンプで盛り上がりたい時には重宝するだろう。

ストラップもあるのでカラビナにつけてどっか引っ掛けておけばスマホで鳴らす音なんかよりは絶対に良い!

まとめ

堅牢性も音質も、一昔前の小型スピーカーとは段違いに良いものだ。

私のようなアラフォーには、ここまでの商品を3000円以下で買えるようになるとは・・と感慨深いものがある。

ちなみにAnker社の社長、元Googleの上級ソフトエンジニアだそうな。

バッテリー関連に重点を置いている会社だが、良いものを作る会社はやっぱり何を作っても良いものを社会に提供する事ができるのだな・・と思わせる一品だ。

あぁそんな会社に私も勤めてみたいものだ・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。