就寝時にマスク!ダイソーの不織布マスクが一ヶ月100円でオススメ

私には眠る前に儀式的に行う事が3っつある。

1つ目は帽子を被る(現在スキンヘッドの為)

2つ目は点媚薬(これはたまに入眠しやすくする為)

3つ目はマスクをつける

今日はこの三つ目の話をしたい

就寝時のマスク

就寝時にマスクをする理由

この一番の目的はノドを乾燥から守るため。

マスクを着けだした事で朝起きた時にイガラっぽさは殆ど無い。

さらにマスク本来の目的である風邪の予防はもちろん、ホコリなどのハウスダスト、ウイルスなどから身を守る効果はもちろん有る。

就寝時はやはり無防備にも口を開けてしまう事もあるので今ではマスクが欠かせない。

そしてもう一つある。

スポンサーリンク

就寝時マスクの意外な効用

それは、起床時の口の粘つきだ。

この効果は私には非常にあって、朝起きた時の口の中の気持ち悪さが違う。

おそらく就寝中に口呼吸していなくても口が開いてしまったりするだけで口内の雑菌の増え方が違うのだろう。

寝る前にマウスウォッシュを使用してすぐにマスクをして眠る。このマスクのおかげで大分マウスウォッシュの効果も変わってくると私は思っている

個人的な感想をいっていくと

何も使用しない→口内が大変気持ち悪い、場合によっては喉が痛くなる

マウスウォッシュのみ→口内がやや気持ち悪い、場合によっては喉が痛くなる

マスクのみ→口内は気持ち悪い時もあるが粘つきは少なめ、喉は痛くならない

マウスウォッシュとマスクの併用→気持ち悪さは激減、喉は痛くならない

またマスクを着けて眠ると自宅以外で眠る場合も安心して眠りやすいという利点も挙げておきたい。

これは多少不衛生そうな場所や慣れない他人の家の家臭も気にならなくなる。

マスクの装着が入眠前の儀式的なスイッチとしても良い。

デメリット

これは多少ある

  • マスクになれるまで気になる人は眠り辛いかもしれない
  • 耳の後ろ(耳かけのゴムがあたる場所)が擦れて痛くなる場合もある。
  • 合わないマスクを使用すると息苦しい場合もある

簡単に思いつくのはこれくらいだ。

耳の後ろが擦れて困る場合は、自分の耳の後ろをテーピングなどする事で対処している。

特に冬場などの乾燥している時は痛くなりやすいと思う。

あと、テーピングをする際は目立たない肌色の物がいい。理由はテープをとり忘れても目立たないから。

あと合わないマスク、これは私の場合はガーゼのようなマスクが何層かになっているマスクだ。

どうも口にフィットしすぎて息苦しく感じてしまう。

オススメのマスクはダイソーの不織布マスク

ダイソーのマスク

このマスクは圧倒的なコスパだと思う。

一度着けたマスクの再使用は唾などの付着も気になるし衛生的にもよくない。

このダイソーのマスクなら30枚入りなので一日一枚で一ヶ月持つ。

他の100円ショップも探してみたがこれを超えるコスパの良さは無かった。

また作りも安っぽくなくて口の前の空間もちゃんと確保できて息苦しさは殆どない。

ノーズワイヤーの調整もさほど気にせず簡単に出来るので殆どの人にフィットすると思う。

また、こちらは大人用と書いてあるが、パッケージがピンク色の小顔の人向けの商品もある。

大は小を兼ねるというが、マスクが大きすぎて気になる人はそちら商品を選んでみると良いと思う。

マトメ

マスクは最近は普段の生活の中で着ける人もいるようだが、病気等でない限り普段はつけない方がいいようだ。

体の中で抗体となる物質が減少しやすいらしい。

しかし、就寝時は無防備になり過ぎている事が多いので私はマスクの着用を人にはオススメしている。

何より起床時の口内が気持ち悪くて気になっている人には一度試していただきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。