日清の冷凍焼きそばを買った。そして食してみた。

私の昼ごはんはいつも家庭で作れる簡単なモノが条件。

家庭用の生ラーメンも食べるし冷凍パスタもよく食べる。

この間、食料品売場の冷凍コーナーでふと冷凍焼きそばが置いてあることに気付いた。

殆どの人には、いまさら感のある事なのかも知れないが私はその日まで焼きそばの冷凍が有ることも知らなかったのだ。

価格は78円(たぶん安売りの時だった)で同じメーカーのカップ焼きそばUFOは108円だった。

価格的に安い!と飛びついたのだが、さて味の方はどうだろう。

日進焼きそば(冷凍)をレビュー。

いわずと知れた日進焼きそば・・。

私はカップ焼きそばのUFOは好物である。

外出時にはコンビニで購入しよく食す。あの味は素晴らしい。

しかし、同じNISSINでも、あのフライパンで作る袋麺はあまり好きではない。

理由はよく言われている事であろうが、あのモッサリ感・・。調理が下手と言われればそれまでなのかも知れないがどうにもあの麺がベトってする感じを払拭できない。

よって普段手軽に作れる焼きそばを食す場合は迷う事なくUFOをチョイスしていた。

しかし、この冷凍焼きそばの味次第では家庭で食べる場合は、容器のゴミや湯を沸かす手間などの事を考えると、これからリピーターとなってしまう事は確実である。(もう一度言うが味次第で・・)

日清の冷凍焼きそば

スポンサーリンク

いざ日清の冷凍焼きそばを食す

中身の取り出しレンジで3分ほど待っていると完成。

やはり湯を沸かしたりしなくていいので楽なのは間違いない。

で、完成し袋から開けてみる。

日清冷凍焼きそば開封後

袋からスルリと皿に滑り落とすと冷凍時の形のまま降臨。

しばらく箸で少し具合を探っていると横で見ていた母が

「脳みそみたいやね」といらん事を言って来たので見た目のグレードアップを果たすべく目玉焼きを乗せる事に。

で、こうなる

日清の冷凍焼きそば卵のっけ

取って着けたうように茶色い麺の上に白い目玉焼きが乗った。

これで脳みそには見えんだろう。

味、麺の評価

味を評価する前に、少し私の落ち度が少しある。

しっかりと食べるまえに、この部分を見忘れていた。

レンジでチンしてまぜるだけ

↑これを忘れていた。そう混ぜ忘れたのだ。

だから見た目にも悪いしスパイスも香り立つ事が無かったのだろう。

普通はするだろう?って行動だがすっかりと忘れていたし目玉焼きを乗せた事で気にならなかったと言い訳しておこう。

よって麺の味付けは部分的にムラもあったかもしれない。

しかし、混ぜ忘れたとて味は悪くなく、なにより麺がモッサリとしてはいない。

全体的に具材がやや乏しい感は否めないが袋麺の事を考えれば最初から具が用意されているのも手軽で良い。

袋麺の日清焼きそばと冷凍の日清焼きそばを比べると冷凍のほうが遥かに麺の歯ごたえもいい。

あのモッサリとしていて、思わずシャックリが出そうになる感じはまったくない。

袋麺が良い部分を強いて挙げるならスパイシー感は若干強いかな?という所。

しかし、冷凍は麺の旨さがスパイシーで劣る部分を遥かに上回る。

このあたりは小麦を使った麺類では冷凍食品の有利な部分だ。

何より家庭で3分ほどでこれが一食78円で食べられのはかなり便利だと思う。

ただ具材に肉が入って無かった。この部分は非常に寂しい。

カロリーは366kcalでダイエット中には良いのかもしれないが単品だとやはり足りない。

NISSINの公式サイトを調べると大盛りも存在しているようだが私の家の近所ではいまの所見かけていない。

この大盛りなら食べごたえも私には丁度良いかもしれない。

まとめ

袋麺の焼きそばより美味しいと思うこの冷凍焼きそば。

正直な所では味は一番UFOの方が美味しいと思うが麺のモチモチ感はやはり冷凍の方が上。

UFOは外出時などによく食べるので家庭ではこちらで良いとも思う。

少しアレンジするとさらに美味しく食べられそうだ。

しかしそうなるとフライパンは結局使うという事になるのが迷う所だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする