中日ドラゴンズの松坂大輔誕生。考えられるメリットを3つ考えてみる。

私はプロ野球は中日ファン。

特に最近はもともと地味なチームがもっと地味になったイメージだ。

2017シーズンはドラゴンズで明るい話題と言えば、新人の京田が久しぶりにレギュラー定着の選手になり、新人王を獲得した事くらいだ。

あとは取り立てて良い話題はない。

岩瀬がプロテクトから外れていたとか暗いニュースが最近の話題にもなったが・・・

そして、今回の松坂大輔の入団が何年かぶりのドラゴンズの全国区の話題だ。

この松坂大輔の獲得、入団したからには誰に何と言われようとも頑張ってもらうしかないのだが、頑張っただけで活躍出来るほど甘くないのがプロ野球。

しかし獲得したからには球団は年俸1500万以上のメリットを目論んでいるのだろう。

そこで今回の松坂大輔獲得で球団の考える事を私なりに少し考えてみたい。

1 客寄せ

単純にして誰しもが考える事はまずコレだ。

いやはやここドラゴンズの何年間の弱さは昔の阪神を応援するような気持ちになってしまう。

で、今回の松坂大輔の入団。

確かに客も寄せないとチームの士気にも関わるとも言える。

最近のナゴヤドームはここ何年か閑散とした印象は拭えない。あのままでは昔のパ・リーグの試合の様な状態になってしまいそうだ。

経済効果云々を別にとにかく球場に足を運んでもらう事はチームとしては大事なことなので否定はしない。

年俸1500万円ならばほぼ新人選手(ドラ1)の年俸だ。

1500万円でドームに客が入ってくれれば確かに経済効果もあるのだろう。

また、全国ネットでもドラゴンズの話題が少しでも放送される訳だし。

私は、松坂が活躍する、しない、どちらにせよチームが強くなるキッカケになるのならそれで良いと思っている。

先日見ていたTVでは昔のパ・リーグの選手は全国中継があると異常にテンションが上がったと言っていた。(たしか金村かな?)

きっとドラゴンズのキャンプにも取材陣など増えると思うので選手の練習にも熱が入るだろう。

まぁ私の甘い期待だが・・

2 将来のコーチ要員。

松坂大輔コーチ

ソフトバンクではリハビリ担当コーチ兼選手としての要請があったようだが断っている。

現役にこだわった為とされているが松坂もソフトバンクには残り辛いという気持ちがあったのだと思う。

3年間で一試合の登板で、そのままソフトバンクに残るには肩身も狭いだろう。

では中日で現役を終えた後に中日がコーチの要請をするか?と考えてもきっとそれは難しいと思う。

それは中日ドラゴンズの場合はピッチャーについてはOBが充実していて松坂大輔に特別コーチを要請する必要もなさそうだからだ。

もしもなる可能性があるとしたら、松坂大輔がドラゴンズで再び大活躍をして恩に報いる為ならひょっとしてあるかもしれない。

何にせよ松坂は金銭面では困っていないであろう。

したがってそんな話があったとしても本人がその気になるかならないかの話だ。

あとは本人が現役引退後どれくらい野球に携わっていたいか?そしてその場合どのような形で携わっていくか?という問題もあるだろう。

大リーグとのコネクション

松坂大輔によるコネクション

現実味は薄く感じるが、案外ないわけでは無いと思う。

昔に日本で活躍した助っ人外国人が現在では大リーグと昔在籍していた日本のチームとの間でスカウトマンとして活動している事は往々にしてある。

いわゆる駐米スカウトマンというやつだ。

例えば元広島に在籍していたシュールストロムは現在カープの駐米スカウトマンとして活躍している。

2017年は怪我してしまったが、2016年はエース級の活躍をしたジョンソンは彼(シュールストロム)のスカウティングによるもの。

松坂の場合はスカウトマンとして雇われる事はいだろうが大リーグとはそれなりのコネクションはまだまだありそうだ。

現に今年の来日前にはレッドソックス関係者とトレーニングを積んでいた。

もし、このコネクションをいかした関係を中日が作り上げる事ができれば、獲得や移籍時のドラゴンズにはメリットとなるかもしれない。

まとめ

とりあえず入団したのなら球団の幹部への意見はさておき、松坂大輔には頑張って欲しい。

もしも、この補強が結果も出していない斎藤佑樹なら球団へのバッシングも遠慮なくするが松坂大輔は日本プロ野球史上に名を残す大投手である事は間違いない。

全ては過去の栄光かもしれないが現役にこだわる彼の姿勢を少しは評価して、さらに期待をして今シーズンを見守ってみようと1ファンとしては思うのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする