AIスピーカー元年、業界主導権はやっぱりAMAZONエコー!?

AIスピーカー元年と成りそうな2017年。

ついに日本の家庭内にも普及し始めるのか?って感じですね。

アメリカではAMAZONが2014年発売してAIスピーカー市場はどんどん拡大しているようです。

となると、日本での普及もすぐ始まるか!?と思うのですが、もう少しだけ待って購入した方が良いかも。

それはAIスピーカーの国内市場のシェア率がはっきりと分かってからの方が何かと利便性も上がると思うから。

AMAZONエコー

AMAZON公式サイトより引用

4社が競合するであろうAIスピーカー

とりあえず現時点では4社がAIスピーカーというジャンルに参入する予定です。

  • グーグル
  • LINE
  • AMAZON
  • SONY

この4会社。

各社がAIを開発しているわけでは無さそうですが(SONYはグーグル開発のAIを搭載させるようです)AIスピーカーの利便性という面では各社にそれぞれ特色も出そうですね。

買い物の利便性にはAMAZON

情報探索にはグーグル

友人とのやり取りに便利なのはLINE

ゲームと関連させて遊べるSONYとかね。

おそらく家電関係との通信は各メーカーはもちろん対応していく事になると思いますが、それ以外にもAI自身が質問に答えてくれたりと何かと便利になっているようです。

ニュースなどの読み上げもしてくれるし、きっと検索結果などもスマホに転送てくれるなどかなり便利になるでしょう。

もしこれがさらに進化していけば

スマホで検索→自分で検索結果の中からより正確性の高いページをオープン→情報を得る

といった工程が

AIスピーカーがあれば

スピーカーに質問→回答を読み上げ

と、随分便利になってくるでしょうね。

あと、AMAZONのAI(アレクサ)は自動運転のジャンルにも活用していくようですね。

本当にこのままいけば家電や車の操作は我々の周りからは無くなっていくかもしれません。

スポンサーリンク

でやっぱ主導権はAMAZONかな?って思っている

AMAZONのAI(アレクサ)にはスキルというものがあって、いうなればスマホのアプリのような物。

こちらの開発をアプリ同様、企業や個人がどんどん行っているようです。

この点はやはりシェアの有る商品の方が数多く開発されていくのでしょう。

例えば、ゲームやその日の出来事や、トリビア的な事を教えてくれるとかね。

私は個人的に日本で最も受けるのは英会話の練習などが受けると思いますが・・。

またYAHOO知恵袋的な知識満載のスキルなどもきっと開発されるでしょうね。

そうなると、ほぼ仙人が家にいるようなもんでは・・

少しだけ怖い話・・・

このAIスピーカーがハッキングされた場合は家庭内の会話は全て筒抜けでしょう。

もちろん簡単に生活パターンも購入した商品も、またそれを消費するペースも筒抜けです。

これら個人情報が犯罪者などに渡ってしまえば簡単に犯罪被害にあってしまうでしょう。

たぶんメーカーもそれなりの対策をしているとは思いますが万一の場合もありますからね。

まぁ現在のスマホも同じことがいえるのでしょうが、家庭内で使用するので、よりプライバシー的な部分が漏れてしまう恐れも有るという事です。

まとめ

AIスピーカーは私達の生活に欠かせないものになるかも知れません。

現在のアメリカ市場では前年比の5倍の伸び率で拡大しているようです。

この事からもやはり利便性は相当なものでしょうね。

金欠を脱出したら購入を考えたいなぁ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。