天才二人が戦術バトル!【アド・アストラ 】スキピオとハンニバルの感想。

ヨーロッパの歴史について私は、はっきり言って疎い・・

名前も頭に入ってこないし、時系列もメチャメチャに頭の中の引き出しに史実が入っていて手が付けられない状態だった。

でもこのアド・アストラを読んで、世界史史上でNO1戦術家とも思われるハンニバル・バルカについて大分詳しく生涯を知ることが出来たつもりだ。

マンガとしての読み応えもよくカルタゴとローマの争いをかなりディープに知るには非常に良い漫画だった。

ちなみにアド・アストラのタイトルの意味はローマの哲学者セネカの言葉でラテン語のper aspera ad astra(困難を克服して栄光を獲得する)という意味だそうだ。(WIKI情報)

アド・アストラのあらすじ

紀元前3世紀、台頭著しい共和政ローマを恐怖の底に突き落とした男がいた。ハンニバル・バルカ── ローマ史上最大の敵となった怪物と、彼からローマを守った英雄プブリウス・コルネリウス・スキピオ。同時代を生きた二人の戦いが、今幕を開ける!!

集英社コミック公式サイトより引用

スポンサーリンク

作品情報や作者について簡単に

掲載はウルトラジャンプにて。

単行本は全13巻で完結。

史実的な事を細かく描いているが、中だるみすることなく読みやすいボリュームだった。

作者のカガノミハチのデビュー作のようだ。

読んでいて丁寧に描かれた絵柄という印象で、特に人物が丁寧に描かれている。

また作中の会話は、現代の日本風な言い回しが多く、読んでいて難解な思いをする事はなかった。

ちなみに絵柄は序盤ではこんな感じ。

作者のデビュー作ということもあって、話が進むと共に絵柄はどんどん上手く成っていくし、戦闘シーンの描写もどんどん分かりやすく成っていく。

アド・アストラの感想

同じ時代に天才が二人生まれる事と歴史が面白くなるなって事が第一感。

ハンニバルとスキピオの二人の天才が国を背負ってストーリーが進行していく。

話の流れとしてはあまりサブ的な部分を掘り下げる事はなく、展開としては非常に読みやすい作りになっている。

少し例えが正しいか分からないが、読んでいて現在の将棋界における藤井聡太の出現とスキピオが少し被る。

デビュー序盤、世間ではデビューからの勝利で盛り上がっていたが、最近では10代棋士が

「羽生を倒すのでは!?」

と期待を寄せている人もおおいだろう。

つまりは漫画では、羽生がハンニバル、藤井がスキピオと言った所。

若いスキピオが過去のハンニバルの戦いを参考にローマを背負って戦う様は、藤井の快進撃のような痛快さがある。

もちろん、スキピオだけでなくハンニバルの連戦連勝の天才としか言いようのない戦術も描かれていて、さすが現代でもその戦術が研究対象としていろいろな国の軍隊が参考にするだけはあると分かる。

戦闘中の描写はキングダムほどの派手さはないが(兵数の違いもあるが・・)、理路整然とした描写で戦いの具合はよく伝わってきておもしろい。

きっとキングダムや蒼天航路、ヒストリエを好む人は絶対に楽しめる内容だと思う。

まとめ

ついでだが、現在連載中の人気作【ドリフターズ】にもハンニバルは登場するが、そちらはキャラ的にかなり高齢(介護が必要なくらい)に描かれているがやはり天才戦術家。

ドリフターズより 

こちらの作品との差異を楽しむのも良いと思うので合わせて読んでみるのもいいだろう。

(追記)

こちらのアプリで2巻まで完全無料で公開されているようなので試し読みにはちょうど良いボリュームだ。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ハンニバル